名古屋市中区の大須商店街アーケードにあるプロテスタントのキリスト教会

礼拝に出てみよう

礼拝の様子

礼拝の様子

キリスト教に興味を持たれた方は、まずは礼拝に参加してみてください。
大須教会では朝9:30、11:00、夜19:00の三回の礼拝があります。ご都合の良い時間の礼拝に自由にご参加ください。予約等も一切不要です。聖書や賛美歌等の必要なものは貸出いたしますので、受付時にお申し付けください。

ここでは、実際にどのようなプログラムで礼拝が行われるかを見て行きましょう。
大須教会では以下のような順序で進んでいきます。所要時間は約1時間です。

前奏 礼拝が始まる時に、オルガンやピアノでの前奏があります。
招詞 聖書のことばによる招きのことばです。礼拝に集まっている一人一人が、神から招かれています。
賛美 神への感謝と賛美を歌います。主に「讃美歌21」を使います。
「賛美歌◯◯番を歌い、主を賛美いたします。」と司式者がガイドします。賛美歌の各ページの左上に賛美歌の番号が記載してありますので、該当の番号のページを開いてください。歌詞が分からないときは、無理に歌わなくても、心を合わせていただければ大丈夫です。
主の祈り
使徒信条
主の祈り」はイエス・キリストが教えられた祈りです。
使徒信条」は私達が信じていることを短く的確にまとめた信条です。
毎月第一日曜日は「使徒信条」を告白します。それ以外の週は「主の祈り」をともに祈ります。
週報に記載されていますので、初めての方はそれを見ながら声に出していただいても結構です。
声を出すことに抵抗のある方は、声に出さずとも、お聞きいただければ幸いです。
聖書朗読 牧師のメッセージに関連する箇所を、司会者が朗読します。
週報に該当の箇所がプリントしてありますので、初めての方はそちらをご参照ください。
説教 牧師が、聖書を通して神様からのメッセージを、わかりやすく話します。
聖餐式 聖餐式は、月に一回(毎月第一日曜日)、小さなパンと、杯に入ったぶどう液をいただく教会の代表的な儀式です。この時、イエス・キリストが十字架にかけられた時の体と流された血を思い起こし、信仰の確認を行います。
パンとぶどう液を司式者が配りますが、洗礼を受けていない方は、申し訳ございませんが、それをいただくことはできません。受け取らなければ司式者は通り過ぎます。どうぞお気軽にご同席ください。
献金 礼拝の感謝を神に現すためにお金を献げます。当番が献金袋を持って、皆さんの席を回りますので、その袋にお金を入れます。金額に決まりはありません。初めての方で意味がよくわからない場合は献金をしていただく必要はありませんので、安心して席にお座りになっていてください。もちろんはじめての方も1円からでもお献げいただいて結構です。
報告 教会に関する各種連絡事項が報告されます。
頌栄 礼拝の終わりに、神への感謝として賛美歌を歌います。
祝祷 最後に、牧師が手をあげて祝福の祈りをささげます。
テーマソング 礼拝の最後に当教会のテーマソングを歌います。テーマソングはその年のテーマに従って作られています。
歌詞カードもお配りしておりますので、一緒に歌っていただいても歌わなくても大丈夫です!

礼拝では、司会者がリードしますので、安心して臨んでください。
初めて教会に来た方は受付時にその旨お伝えいただければ配慮させていただきます。
体調がすぐれない方は起立時もお座りのままで結構です。

お手洗いは受付前にございますので、式前に済ませていただくことをおすすめしますが、式中でも席を立っていただいて構いません。
ペットボトルのお水やお茶程度のものでしたら、水分補給として式中にお飲みいただいても結構です。

どうぞお気軽に礼拝にお越しください!

主の祈り

天にまします我らの父よ。
願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。
御国(みくに)を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。
我らの日用(にちよう)の糧(かて)を
今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。
我らを試(こころ)みにあわせず、
悪より救いいだしたまえ。
国と力と栄えとは、
限りなく汝(なんじ)のものなればなり。
アーメン

使徒信条

我は天地の造り主、全能(ぜんのう)の父なる神を信ず。
我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。
主は聖霊(せいれい)によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、
ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、
死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死人の内よりよみがえり、
天にのぼり、全能の父なる神の右に座(ざ)したまえり。
かしこよりきたりて生ける者と死にたる者とを審(さば)きたまわん。
我は聖霊を信ず、聖なる公同(こうどう)の教会、聖徒(せいと)の交わり、罪のゆるし、からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。
アーメン

PAGETOP