初めての方へ

礼拝に出てみよう

礼拝の様子

礼拝の様子

多くのキリスト教会では毎週日曜日に礼拝を行なっています。
聖書や教会に興味を持たれた方は、まずは是非礼拝に参加してみてください。
名古屋福音伝道教会では朝9:30、11:00、夜19:00の三回の礼拝があります。ご都合の良い時間の礼拝に自由にご参加ください。予約等も一切不要です。
聖書や賛美歌等の必要なものは貸出いたしますので、受付時にお申し出下さい。

ここでは、実際にどのようなプログラムで礼拝が行われるかを見て行きましょう。
プログラムは教会によって微妙に異なりますが、名古屋福音伝道教会では以下のような順序で進んでいきます。
所要時間は1時間前後です。

前奏 礼拝が始まる時に、オルガンやピアノでの前奏があります。
招詞 聖書のことばによる招きのことばです。礼拝に集まっている一人一人が、神から招かれています。
賛美 神への感謝と賛美を歌います。主に「讃美歌21」を使います。
「賛美歌◯◯番をお開きください」と司式者がガイドします。賛美歌の各ページの左上に賛美歌の番号が記載してありますので、該当の番号のページを開いてください。歌詞が分からないときは、無理に歌わなくても、心を合わせていただければ大丈夫です。
聖書朗読 牧師のメッセージに関連する箇所を、司会者が朗読します。
はじめての方にはしおりを挟ませて頂くなどの配慮をさせていただきます。
よくわからない場合は、隣席の出席者にお聞きくださっても大丈夫です。
メッセージ 牧師が聖書のことばをわかりやすく解説するとともに、そこから神が私たちに伝えたいメッセージを伝えます。
聖餐式(毎月第一日曜日) プロテスタント教会で儀式的なことと言えば、洗礼と聖餐式になります。聖餐式は、月に一回、小さなパンと、杯に入ったぶどう液をいただく儀式です。この時、イエス・キリストが十字架にかけられた時のからだと流された血を思い起こし、信仰の確認を行います。パンとぶどう液を司式者が配りますが、洗礼を受けていない方は、申し訳ございませんが、それをいただくことはできません。受け取らなければ司式者は通り過ぎます。どうぞお気軽に同席ください。
献金 礼拝の感謝を神に現すためにお金を献げます。当番が献金袋を持って、皆さんの席を回りますので、その袋にお金を入れます。金額に決まりはありません。初めての方で意味がよくわからない場合は献金をしていただく必要がありませんので、安心して席にお座りになっていてください。もちろんはじめての方も1円からでもお献げ頂いても結構です。
報告 教会に関する各種連絡事項が報告されます。
頌栄 礼拝の終わりに、神への感謝として賛美歌を歌います。
祝祷 最後に、牧師が手をあげて祝福の祈りをささげます。
テーマソング 礼拝の最後に当教会のテーマソングを歌います。テーマソングはその年のテーマに従って作られています。
歌詞カードもお配りしておりますので、一緒に歌って頂いても歌わなくても大丈夫です!

礼拝では、司会者が細かくリードしますので、安心して臨んでください。
初めて教会に来た方は受付時にその旨お伝え頂ければ配慮させて頂きます。
体調がすぐれない方は起立時もお座りのままで結構です。

お手洗いは受付前にございますので、式前に済ませて頂くことをおすすめしますが、式中でも席を立って頂いて構いません。
ペットボトルのお水やお茶程度のものでしたら、水分補給として式中にお飲み頂いても結構です。

どうぞお気軽に礼拝にお越しください!